妊娠率をあげるには

女性の3割に

医師と患者

子宮筋腫は30代から40代の女性に多く見られる症状です。女性の20〜30%には子宮筋腫がみられるといいます。これは子宮の筋層にできた良性腫瘍で、できた位置によって体に及ぼす影響も違います。重い場合は貧血や月経過多、不正性器出血、月経困難、不妊などの症状があり、気を付けたい病気です。筋腫が小さく症状が軽い場合は経過観察ですが、子宮筋腫が5センチメートルを超えたら手術を考えます。場所と程度にもよりますが、開腹でなくても腹腔鏡下の手術が可能です。ただし、腹腔鏡手術は開腹よりも視界が狭く、高度な技術が必要になります。人気のある大きな病院や大学病院では、手術希望者が多くて混み合っている可能性があるため、事前に予約を入れておきましょう。

治療の選択

子宮筋腫は必ずしも不妊の原因になるわけではありません。小さいものだったり、できた場所が子宮の外側漿膜下だった場合などは妊娠に影響が少ないと考えられています。不妊と関係があるのかどうかはっきりしない場合には、まず不妊治療を優先させ、もし成功しなければそのあとで子宮筋腫の手術をする、ということもあります。しかし、手術が初めての方のなかには抵抗を持っている方もいるかもしれません。不妊治療に一番影響があるのは、手術した後の癒着です。腹腔内に癒着ができてしまうと、卵管などの動きが邪魔されてしまい、うまく受精できないことがあるのです。筋腫が明らかに不妊の原因となっている場合には手術が必要ですが、そうでない場合は信頼できる医師と相談して自分にあった選択をしていきましょう。体に及ぼす影響を考えて事前に身構えておきます。

助成と治療院選び

カップル

京都府では不妊治療に対する助成制度がありますので確認してみましょう。治療院は通える範囲で選ぶと楽です。京都にはたくさんの治療院がありますので、相性がよく自分の重視するポイントと一致する治療院を選びましょう。

詳細を確認する...

利点を知ってから決める

赤ちゃん

川崎にも個人で開院している産婦人科や、それ以外にも助産院という施設があるのですが、アットホームな雰囲気が好きなら相談してみましょう。大学病院や総合病院でも出産できるのですが、それぞれにメリットがあるので、それを考慮した上でどこに行くべきか決断すると良いです。

詳細を確認する...

元気な赤ちゃんのために

料理

あまり体重増加がなく、痩せて生まれた赤ちゃんは生活習慣病のリスクが増加します。アレルギー性の食品を避けているとかえってアレルギーが増えてしまいます。妊娠中はバランスの良い食事で、時期ごとに工夫して生活しましょう。

詳細を確認する...